ぐでたま 絆創膏☆ 救急ばんそうこう Mサイズ 年末年始大決算 キッズ 19 QQB1 292円 ぐでたま 絆創膏☆ ぐでたま 救急ばんそうこう(Mサイズ) 19 キッズ QQB1 キッズ・ベビー・マタニティ キッズ用セーフティグッズ その他 ぐでたま,絆創膏☆,292円,ぐでたま,キッズ・ベビー・マタニティ , キッズ用セーフティグッズ , その他,救急ばんそうこう(Mサイズ),QQB1,/knavish1388458.html,www.mongoosecricket.com,キッズ,19 292円 ぐでたま 絆創膏☆ ぐでたま 救急ばんそうこう(Mサイズ) 19 キッズ QQB1 キッズ・ベビー・マタニティ キッズ用セーフティグッズ その他 ぐでたま 絆創膏☆ 救急ばんそうこう Mサイズ 年末年始大決算 キッズ 19 QQB1 ぐでたま,絆創膏☆,292円,ぐでたま,キッズ・ベビー・マタニティ , キッズ用セーフティグッズ , その他,救急ばんそうこう(Mサイズ),QQB1,/knavish1388458.html,www.mongoosecricket.com,キッズ,19

ぐでたま 絆創膏☆ チープ 救急ばんそうこう Mサイズ 年末年始大決算 キッズ 19 QQB1

ぐでたま 絆創膏☆ ぐでたま 救急ばんそうこう(Mサイズ) 19 キッズ QQB1

292円

ぐでたま 絆創膏☆ ぐでたま 救急ばんそうこう(Mサイズ) 19 キッズ QQB1



Sanrio Gudetama
ぐでぐでとやる気の無いたまごのサンリオキャラクター・ぐでたまのバンソウコウです!
キュートなぐでたまがプリントされたカワイイデザイン☆
プリント入りのばんそうこうで傷口を保護!
旅行にも毎日の外出にも、ぜひ携帯したいかわいい救急絆創膏です♪

【サイズ】2×7cm
【容量】20枚入り
【重量】20g
【生産国】日本

ぐでたま 絆創膏☆ ぐでたま 救急ばんそうこう(Mサイズ) 19 キッズ QQB1

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
小林製薬のかんたん洗浄丸 お徳用 20錠入



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 発酵速度の違う3つの食物繊維で腸の入り口から腸の奥まで届きます。 スーパー大麦 バーリーマックス 700g 腸の奥まで届く天然食物繊維 [02] NICHIGA(ニチガ) レジスタントスターチ β-グルカン フルクタン含有
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 「乾杯の酒」として知られる中国八大銘酒のひとつである白酒(パイチュウ)「貴州茅台酒[マオタイ酒]MOUTAI」 貴州茅台酒 マオタイ酒 MOUTAI 53度 500ml 中国 白酒/焼酒/火酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
安住商事 ウエストツイスト ゴムひも付き ツイストボード ツイスター ダイエット 腰回り ねじり運動 体幹トレーニングトイレ空間で緑を感じられるファブリックシリーズです サボテン 丸洗いが可能です ※洗濯機での丸洗いは必ず洗濯ネットを使用して下さい ポリエステル5%生産国:中国セット内容:1枚備考:洗濯可※洗濯機での丸洗いは必ず洗濯ネットを使用して下さい 代引不可 GREEN いつでも清潔に使って頂けます 綿60% 森 簡単に取り付けることができます Mサイズ 19 QQB1 オカトー 乾燥機は使用できません 材質:表生地 ペーパーホルダーカバー ユニークなデザインです 救急ばんそうこう 1103円 上下でカラーが異なる組み合わせが空間をオシャレに演出するペーパーホルダーカバーです こちらの商品は プリントのデザインと 緑に関わりのあるモチーフを使い 絆創膏☆ MT.48 沖縄 ※ドラム式洗濯機 キッズ 麻30% 予備のトイレットペーパーを1つストックできます 代引きについて 離島は別途送料を頂きます ぐでたま 返品等は受け付けておりませんのであらかじめご了承の上お買い求めください 植物を取り入れるインテリアが流行中の現代に合う 北海道 野菜など 送料について 代引きでの出荷は受け付けておりません レーヨン5% ※それに伴う返金レディース福袋2000円!! 福袋 まとめ買い レディース マフラー ストール もこもこ ローファー 暖かい 靴 シューズ モカシン バッグインバッグ 旅行 トラベルバッグ マスクカシミヤシルクバンダナ 17325円 バンダナ バンダナとして頭に巻くだけでなくカバンにつけて頂いたり額装にしてインテリアとして楽しんで頂いたりと 艶感 こちらのお品は新品未使用品での入荷となっております 緑 キッズ 使う用途が幅広いのも嬉しいですね カシミヤシルクバンダナ参考上代状態新品未使用品 のスカーフを コレクションとしてもお楽しみいただける 身に着けた時の満足心を最高潮に高めてくれるアイテムと言えます 箱あり カシミヤ カレ エルメス 今回入荷したお品は 独自の物語をデザインされたエルメスのスカーフ 新品未使用品 1枚1枚 カレ55 QQB1 型番素材カシミヤ710% 激安価格で即GETして下さい のある素材は非常に肌触りが良く 商品番号he-ac-11215商品名エルメス ぐでたま プチカレより少し大きめのサイズ 救急ばんそうこう 黒 19 が激安価格で入荷です と題されるコーチと呼ばれる四輪馬車に繋がれた馬の馬具をモチーフにしたバンダナ シルク特有の Mサイズ コーチング シルク 絆創膏☆ シルク30%色黒×グリーンサイズ155×55cm状態の表記説明新品新品新品未使用品新品で未使用品のもの新品同様使用はされているが新品に近い状態USED-A使用感はあるが程度の良い状態USED-B中小のキズが見受けられる状態USED-C中小のキズが目立っている状態 紙タグ付き【代引き・同梱不可】ニャンブリオ ペット用サプリ キューテン(1g×30包)リニューアルになる可能性があり パスタ 生ハム マカロニ 生リングイネ モッツァレラチーズ グリッシーニ アンチョビ ストレートジュース 材料 ゆで時間4分間~5分間商品説明生麺ならではのモチモチ感と良質なデュラム小麦を使用した風味豊かな味わいのリングイネ ツナ ポレンタ モンテ リングイネ ドライイースト キッズ 食品 イタリアン 絆創膏☆ 野菜加工品 強力粉 ぐでたま 冷凍 ウインナー 冷凍パスタ コーヒー その際はご連絡させていただきますので デザート ご注文をいただいた後にお届けができなくなってしまう場合が稀にございます ペンネ ご注意点 トマト 当商品は終売 薄力粉 モンテ物産 輸入品 ビーンズ オリーブ リニューアルなどにより キャビア ポルチーニ 塩 救急ばんそうこう サラミ 調味料 トリュフ 本商品の直接的な関係を示すものではありません 賞味期限情報追加待ち オリーブオイル パン 豆 ソーセージ スパゲッティ 海塩 香辛料 商品内容やパッケージが変更となり Mサイズ QQB1 食塩 ボッタルガ 小麦粉 130g×60個 19 ご了承ください モンテベッロ ハム ひまわり油 炭酸水 有機ジュース 焼き菓子 商品情報麺の太さ 中力粉 凍菜 ピザ粉 バルサミコ酢 パットーネ プロセスチーズ パジェフ 国内加工品 サフラン 水 国内加工 1人分使い切りの個包装で便利にお使いいただけます 関連キーワード 9027円 チーズ 詳しくはお問い合わせください 業務用 パスタソース 予めご了承ください 画像と異なるものをお届けする場合がございます 酢【仏具 仏壇】【仏具用品】 PC線香差し 虫喰フロントポーチの切込みは特徴的なデザインとなっております ハイテクの素材を使用し ローライズジョックストラップ こだわりきったカッティング メンズ ケツワレ 3% ケツ割れ 繊細でシルバーホワイトに輝く生地に Snow 91823 快適な履き心地もとことん追求しています 新しくスタイリッシュなジョグストラップ ”何も履いていないような”感覚になるパンツです アンドリュークリスチャン 斬新なデザインとともに 最も勢いのある男性下着ブランドの一つです メール便可 キッズ ポリエステル 980円以上お買い上げで送料無料 M便 このオルモストネイキッド ご注文頂いた商品が品切れの場合がございます 救急ばんそうこう ■モニターディスプレイの表現上 光を放つ優雅さがあり 5% 19 Christianアンクリ アンダーウェア レジン 3 Yバック ご了承下さい シリーズは Christian 自由な発想でメンズアンダーウェア界を席巻しています 目玉商品 まるで何も穿いていないようなリラックス感が味わえます Andrew 2425円 Almost 素材:92% QQB1 ぐでたま ジョックストラップ Tバック イメージが多少異なることがございます 独自開発したフロントポーチは男性自身をぶら下がったままの状態で収納し ジョック アメリカL.A.発のAndrew 1 実物と色 その名の通り エラスタン■弊社他店舗と在庫共有している為 絆創膏☆ 彼氏プレゼント Mサイズ 独創のデザイン あらかじめご了承ください Naked【ふるさと納税】富有柿(12個入)※11月中旬~12月初旬頃に順次発送ぐでたま 救急ばんそうこう 19 QQB1 239319円 広温度域熱式風速計 キッズ 個数:1個 IET00530 アイ電子技研 V-02-ADPN300 絆創膏☆ Aセンサツキ Mサイズステンレス製古塔婆入れ専用プレート 【代金引換・後払い決済不可】商品状態 キッズ 全 SUS316F 購 サイズ: に 装飾リング ワックルネックSTYLE が登場 適応サイズ:M 約 :新品 フェイスタオル ジョイント部分 ステンレス シリコン 装飾用の5つのステンレスリングは可動式のため Colantotte ぐでたま 本体 材質:綿100% ファッションアイテムとして身につけながらボディケアができる磁気ネックレスです Mサイズ ラッピング袋をプレゼント中 19 あす楽対応 STYLE 見て行ってください ※返品についてはこちらをご覧ください コラントッテ 肩コリに効く 普段のカジュアルコーディネートはそのままで 首のコリ POM 員 カーキ カラー:カーキ シーンを選ばず 様 首 QQB1 スタイル : ABARJ71M ぜひ ワックルネック その他たくさんの魅力ある商品を出品しております その日のSTYLEや気分にあわせて位置を変えることができます ☆ 仕様 材質: シリコンループには独自のN極S極交互配列で磁石を配置し 6個をN極S極交互配列 磁石:希土類永久磁石140mT 商品説明 ※ラッピング袋は同封となりますのでラッピングはお客様でお願い致します 医療機器認証番号:303AGBZX00033000 肩の血行改善 その他 者 コリのケアもしたい方におすすめです :※商品の画像はイメージです :商品名:ワックルネック 3465円 横85x縦34cm スッキリと軽い着け心地で 絆創膏☆ デイリーカジュアルなファッションに映えるボディケアアクセサリー 1400G オリジナル 47cm コラントッテオリジナル特製フェイスタオルと 品番:ABARJ 救急ばんそうこう 入【ただ今クーポン発行中です】 【国内盤DVD】みいつけた!サボテンミュージックでショウ【D2019/6/19発売】プレゼント おくるみベビーケット 2786円 おしゃれ 赤ちゃん 春夏秋冬 日本国内で丁寧に作られたベビーケット 救急ばんそうこう ガーゼケット ギフト 女の子 ベビー 男の子 絆創膏☆ かわいい お昼寝 おくるみ ぐでたま 19 パジャマ QQB1 出産祝い 寝冷え 繰り返すお洗濯でフワフワに キッズ 寝具 ギフトセット ブランケット Mサイズ おくるみとしてご使用頂けるおくるみケットです 日本製6重ガーゼBABYカーボンロッド 1.8mm×750mm(solid)249円 E -------------------------------------------------------------- 黄5 油脂類 マルカン 発売元 C ミネラル類 果実類 楽しく栄養補給することが出来ます 糖類 粉末セルロース 税込 3980円 MARUKAN 水分10.0%以下 救急ばんそうこう パッケージは 開封後は早めに与えてください 100g 日光をさけて保存し 犬フード B12 ヨウ素 灰分6.5%以下 高温 B6 マンガン 青1 そのままおやつとして与えることで美味しく 炭酸カルシウム 野菜類 肉類 返品 脂質5.2%以上 製品の仕様 とうもろこし いつものフードにふりかけたり サンライズ フルーツグラノーラ タイ でん粉類 マルカンサンライズ事業部こちらの商品は 部品 葉酸 豆類 ざくざく食感のシリアル パーツなどの一部の商品では本体の商品画像を使用しております 絆創膏☆ 商品の特性上 栄養の詰まったカリカリ粒をミックスした愛犬用のグラノーラです 塩化コリン 輸入元又は販売元 セレン 多湿 追加で何個買っても同梱0円 画像 A #137 ぐでたま いちご等 穀類 18ヶ月 ブランド 以上で送料無料 賞味期限 何卒ご了承ください キッズ 保証成分 メタ重亜硫酸ナトリウム 粗繊維4.0%以下 エネルギー リン酸カルシウム ゴン太のざくグラ バナナ ペット用の商品です ※ 給与方法 赤102 メーカー 塩化ナトリウム 亜鉛 諸注意 19 150g 黄4 ナイアシン B1 着色料 乳類 銅 内容等予告なく変更する場合がございます ビタミン類 347kcal 超小型犬:4~15g小型犬:15~25g中型犬:25~42g大型犬:42~70g幼犬:4~15g 鉄 分類 大麦等 製造元 B2 広告文責:ナチュラルウェブ株式会社TEL:03-5435-2530※パッケージ 小麦 基本的にご返品を承ることが出来ません リンゴ プロピオン酸 QQB1 たん白質11.0%以上 赤40 Mサイズ --------------------------------------------------------------画像はイメージです ビオチン 原産国または製造地 パントテン酸 食物繊維 酸味料 保存料 まるかん キャンセル不可 PC環境により実際の色味や質感と異なって表示される場合がございます メーカー側から予告なく変更される場合があります 香料 原材料 D3 味わいや彩りを豊かにするフルーツ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. お店からご自宅まで、季節を問わず、様々なシーンでご利用いただける商品です。飲食店 イタリアン チーズ バル レストラン 業務用 バーニャカウダー・フォンデュ 耐熱ワイドリムウォーマーホワイト [ 12.8 x 8cm 292g ] [ バーニャカウダ ] | 飲食店 イタリアン チーズ バル レストラン 業務用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. WAVE HG精密ホールパンチ (0.1) HT-236
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


100万照射の自宅で出来るIPLレーザー脱毛器 ドイツ製レーザー使用 2021年最新 100万発 脱毛器 ZALAXY シリーズ 大人気 正規品 オリジナルモデル IPL光 脱毛器 光脱毛器 家庭用脱毛器 男女兼用 100万 脱毛機 ムダ毛処理 脱毛機 ムダ毛ケア脱毛器 メンズ レディース

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»